生活の工夫でうつ病を吹き飛ばす方法

誰でもできるストレス解消術

ストレス解消術 ストレスが多い現代社会。気分の落ち込みは誰にでもあるものですし、ちゃんとストレス発散できれば次第に気持ちも落ち着いてきます。しかし長期間「無気力」「自己嫌悪」の状態が続く場合は危険です。うつ病の可能性があります。

うつはひと昔前に比べたら格段に認知度が上がっています。まだ世の中の理解が進んでいないときは、「甘え」「だらけているだけ」と言われてきましたが、今では誰でもかかる可能性のある心の病として広くその名が知られるようになりました。しかし病気ということはわかっていながら「具体的な症状や改善法」は知らない人が多いのも事実です。ほとんどの人は「うつ」という病名だけを知り、その本質を知りません。

「うつ病はどうやったら治せる?」「一生心の病を抱えたままだろうか」と不安を抱える人もいるでしょう。心の病になるとネガティブな考え方になり、塞ぎ込みがちです。しかし心配することはありません。正しい対処やケア、治療を行っていけば大丈夫です。まずはうつ病のことを知りましょう。基本さえ押さえてしまえば予防や治療に大きく役立ちます。

  • 心を崩すと体の健康も大きく崩す

    うつ病は心の病気です。精神面で様々な症状が出てしまいますが、実は肉体にも悪影響があります。うつは脳の物質が分泌異常を起こすことが原因です。ストレスホルモンが過剰に分泌されることにより身体的にもさまざまな生理作用が起きてしまいます。

    主なものとしては血中のコレステロールや糖分が増加することで、血液がドロドロになり、血栓ができやすく、血が流れにくくなります。放っておくと動脈硬化などを引き起こす要因になります。また、血糖値が高まると糖尿病へのリスクも増加します。うつ病は心の問題だけでは収まりません。生活習慣病を引き起こす危険因子にもなり得るわけです。

  • うつ病はEDを引き起こす要因になります

    うつ病はEDを引き起こす要因

    うつ病は放っておけばどんどん悪化します。そして男性にとってはさらに恐ろしいことが待ち受けています。実はうつ病患者の多くはEDを患う可能性があるんです。

    勃起には大量の血液が必要ですが、うつが原因で生活習慣病になると血流が悪くなってしまいます。その結果としてペニスが膨張し硬化するための血が十分いきわたらなくなってしまうわけです。うつ病は心だけでなく、男の尊厳を崩す要因になり得ます。

    うつ病は人間に様々な障害を及ぼしてしまいます。「心の病気のせいで元の生活に戻れない」と諦める必要はありません。うつ病の危険性を知り、正しい知識を学びましょう。予防や対策、病院での治療があれば必ず改善することは可能です。「ここのところ調子がおかしい」という心のシグナルを見逃さないようにしましょう。意識さえしておけば、うつ病は恐れることなどありません!