HOME 矢印 うつ治療のための豆知識 矢印 うつと周辺疾患との違い

うつと周辺疾患との違い

周辺疾患 うつ病は気分がこれ以上ないくらいに落ち込むことが主な症状ですが、このような症状はうつ病だけでなく、周辺の精神系疾患でよく起こるものです。従って、この症状だけをもってうつ病だと断定することは危険です。医師でさえ、診断基準に沿って慎重に見極めているようです。

うつ病周辺の主要疾患

うつ病と似たような状況を経験する可能性がある主要な疾患は以下のとおりです。

・躁うつ病
・統合失調症
・パニック障害などの神経症的疾患

最初に躁うつ病ですが、この疾患は名前に「うつ」が入っているとおり、うつ病に相当する状態の時期があるのですが、その真逆の躁状態もあるのが特徴です。このため、双極性障害とも呼ばれているのが躁うつ病です。

躁うつ病患者の人は、両極端の性格を持っているかのような症状を繰り返す状態に置かれているため、単純にうつ病だけの患者さんとはまた違った苦しみを持っています。天国と地獄を行ったり来たりするという表現が妥当かどうかはわかりませんが、躁状態ではバイタリティあふれる行動力を示し、うつ状態に入ると一転してふさぎこんでしまいます。

躁状態は一見したところ元気よく活動しているだけに見えますが、実際にはリミッターが外れた状態に近く、やり過ぎることも多々あるようです。その分、うつ状態に入ったときの反動も大きいのです。また、躁状態を病態と見ることができず、うつ病と見誤る場合があります。

躁うつ病が難しいのは躁状態とうつ状態の見極めと投薬の関係です。逆の服薬をすると症状悪化の恐れがあります。

統合失調症の場合は、幻覚や妄想を伴うことが多く、うつとの切り分けはわりと容易にできる部分があります。もっとも、うつ状態が前面に出ている場合ですと外見からは判断できないでしょう。

かつて不安神経症と呼ばれていた疾患があります。現在ではパニック障害がこれの一部に相当しますが、不安な状態の発作が起きるのではないかという予期不安が生じているときなどは極端に行動力が低下することが多く、うつ病の症状に似ている部分があります。

精神科系の領域では併発もある

うつ病と、それに類似した症状のある疾患の違いを述べてきましたが、これらは必ずしも独立して発症するわけではありません。複数の疾患を併発することもないわけではないのです。この場合は診断も治療も大変な作業になるといえるでしょう。なにより患者さん本人の負担は半端ではありません。

また、不定愁訴と似て本人の自覚症状がメインの疾患であり、確固たる原因の特定や治療法の確立ができているわけでもない分野ですので、可能な限り危険因子と考えられるものを遠ざけることが重要となります。とりわけ、ストレスがターゲットとして重視されるでしょう。