HOME 矢印 うつ治療のための豆知識 矢印 うつ病とED、LOH症候群の関係

うつ病とED、LOH症候群の関係

うつ病とED、LOH症候群の関係 過剰なストレスによって体に負荷がかかれば、さまざまな病気を抱えやすくなります。うつ病もその一つですが、男性特有の症状、EDの原因としてもストレスは大きなものと考えられています。

これは、ストレスが過剰にかかることで男性ホルモンの主成分であるテストステロンが減少することから起こると考えられていて、症状がさらに進行すればやがて男性の更年期とも言われるLOH症候群にもつながりやすくなります。

LOH症候群とは?

LOH症候群は、体内の男性ホルモンが減少することで起こります。 誰しも、年齢が高くなれば男性ホルモンは減少しますが、ストレスなどにより減少のスピードが急激になると、体内のホルモンバランスが崩れ、LOH症候群を発症するものと考えられています。

LOHの症状は人によってさまざまで、女性の更年期障害のようにほてりやのぼせ、異常発汗が見られる場合もあれば、頭痛やめまい、筋肉痛などの身体症状、または不安やイライラ、不眠、集中力や記憶力の低下などの精神症状を訴える人もいます。

うつ病の症状とも非常によく似ていて、LOHからうつ病へと移行する人も少なくありません。

女性の更年期では、「閉経」という明確なゴールがあるのですが、男性にはそれがなく、症状も長引きやすいと考えられています。

男性ホルモンの減少は40代頃から加速しますが、この年代は社会的な責任も重く、ストレス値も全年齢中で最も高くなっています。このため、LOH症候群のリスクもかなり高くなります。

LOH症候群予防のために

まずは、日頃から男性ホルモンを減少させない生活を心がけたいものです。特にストレスは大きな原因となりますので、ストレスを上手に発散することが大切です。

ストレス発散で最も手軽なのは、十分な睡眠を取ることと言われています。睡眠によるストレス解消効果は絶大で、十分に眠れば日中に抱えたストレスをすべて解消できるようになっているのだそうです。

他にも、適度な運動はストレス発散効果が高いでしょう。さらに運動によって筋肉を刺激することは、体内のテストステロン値を増加させると考えられていますので、男性ホルモンの減少を食い止める意味でも、適度な運動は効果的です。

なお、有酸素運動は特に早朝に行うと効果が高いとされます。 これは、特に朝の光は体内のセロトニンの量を増やし、体内時計の狂いをリセットし、夜にスムーズな入眠を促すためで、またセロトニンの分泌によってうつ病の予防の効果も期待できるためです。

EDを治療する

EDとなり、性交が不可能となれば、ストレス値はますます増大し男性ホルモンの減少も加速し、LOH症候群へと進行しやすくなります。もしもEDに不安があるのであれば、まずはそちらの治療を進めると良いでしょう。

EDは、身体に常に痛みを伴うような症状ではないため、なかなか治療を開始しない人は多いのですが、糖尿病や高血圧などさまざまな病の前触れとして現れることも多くなっています。早めの治療を心がけた方がよいと言えるでしょう。

ED治療薬を服用し、性交が可能となれば、男性ホルモンの主要な成分であるテストステロンが増加します。これにより、LOH症候群の症状は治まり、またストレスも減少し、うつ病の発症の抑制も期待できるものと考えられます。

生活の質は格段に上がりますので、まずは専門の治療院で相談すると良いでしょう。