HOME 矢印 うつ治療のための豆知識 矢印 自分の存在意義を前向きにとらえること

自分の存在意義を前向きにとらえること

自分の存在意義 うつになりやすい人の特徴として、自己評価が低すぎることが挙げられます。自己評価が低いと、他人が優れているように映ってしまうからです。

自分の存在価値を認められないことは、うつの発症と重症化を招きます。無理やり自己評価を上げ過ぎても困りますが、自分の存在価値を認められるようになると楽ですよ。

自己評価が低いとうつになりやすい

さて、うつになりやすい人は、自己評価がとても低いことが大きな特徴です。誰と比べても自分より優れていると感じてしまって、勝手に落ち込んでしまうような人ですね。客観的に見れば問題無いのに、本人は真剣に悩んでいるものです。自己評価が低い人は、注意してください。

自己評価はいつ形成されるのか、という点については、幼少期から思春期にカギがあると言われています。多感な時期に親や周囲からの愛情をたっぷり受けて育つと、自己肯定をしやすくなります。そのため、不必要に自分を卑下することも無いというわけです。裕福な家の子女が、自己肯定感が強いというのも納得できる話ではありますね。

でも、今からでの自己評価を正常化することはできます。まず、他人と比較するのは止めましょう。他人と比較するから、自分よりも優れている点に目がいってしまうのです。自分で努力できる点はまだしも、容貌や生まれもっと性質などは仕方がありません。無駄に比較して無駄に悩むことこそ、文字通り無駄なことなのです。

自分の存在意義を考え過ぎないこと

また、うつになる人は、自分の存在意義を考えてばかりいると言われます。なぜ自分はここにいるのかとか、何のために生まれてきたのか、ということを常に頭の隅に入れているのです。でも、答えは誰からも出ないはずです。答えが出ない問題がいつも頭にあるのは、あまりよろしいとは言えません。

自分の存在意義は、自分でしか確率できません。中には、友人の数や異性からの扱い、SNSでの「いいね」の数など他人からの評価を基準に存在意義を見出そうとする人もいます。しかし、他人からの評価ほど当てにならないものは無いと考えてください。

無理なく自己評価を上げていこう

しかしながら、自己評価を上げることで自らの苦しみから解放されるのなら、それに越したことはないでしょう。でも、無理をしてはいけません。あくまでも、自然に自己評価を上げるのがコツです。

具体的には、まず小さな目標を立てることをおすすめします。何でも構いません。1週間ウォーキングを続けるとか、ケーキを我慢するとか、その程度で十分です。そして、目標を達成したときは、自分で自分を褒めてあげましょう。もちろん、身近な人には協力してもらって構いません。

自己評価が低いことでうつに拍車をかけているのなら、改善するのも良い方法です。でも、やり過ぎには気を付けてくださいね。ヒートアップし過ぎると、反動が来てしまいますよ。自己評価を上げるコツは、とにかく小さな目標をクリアし続けることです。自分もこんなにできるんだ、と思うことが大切です。

まとめ

自己評価の低い人は、うつになりやすいと言われています。自己評価が低いことで、他人が羨ましく見えたり自分の存在価値を感じたりすることがしにくいからです。

しかし、他人と比べたところで誰しも無いものねだりであることは間違いありません。他人は他人、自分は自分なのです。他人と比較することをやめて、無理なく自己評価を上げていきましょう。