HOME 矢印 うつ治療のための豆知識 矢印 うつ治療のための病院の選び方

うつ治療のための病院の選び方

つ治療のための病院の選び方 うつ病を改善するには治療をすることが何より大切です。心に違和感を感じているのに放っておいてはいけません。時間が過ぎれば過ぎるほどうつ病をこじらせることになります。治りが悪くなり、時間も費用も多くかかってしまいます。病院の選び方や注意点を知って早めに治療をしていきましょう。

悪循環を繰り返してしまうのがうつ病

悪循環を繰り返してしまうのがうつ病

うつ病は放っておけばどんどん悪化していきます。無気力状態からイライラへ、さらに自己嫌悪に陥り落ち込む。それをずっと繰り返してしまい深みにハマる悪循環を生み出してしまいます。何もケアをしなければ、治療にはとても時間がかかってしまいます。うつ病に悩んだ時間と、治療を始めてから回復までにかかる期間が長ければ長いほど、人生で損することに繋がっていきます。健やかな精神を取り戻し、日常を楽しむためにも早い治療が大切です。

病院の選び方は評判と大きさで

治療のためには 病院 を探すことから始めましょう。近くの精神科などでも良いですが、知人やネットの評判なども有効です。ただし、うつ治療には医師との相性も大きく左右します。なるべく実績のある人、あるいは自分が「良さそうだな」と思える病院を探しましょう。かかりつけの医師に相談してみるのも手です。専門は違っても同じ医療畑の人ですから、良いお医者さんの情報を持っていることはあり得ます。気軽に相談をしてみましょう。特に良いところが見つからない、という場合は大きい病院に行ってみましょう。実は心の病といっても原因はいろいろです。ホルモン分泌や脳の血流異常などもあり得ますから、大病院であれば総合的な診断ができるので、より詳しい原因を調べることができるでしょう。

うつ病治療におけるちょっとした注意点

治療に際してのちょっとした注意点もあります。まず注意したいのは行動力です。いざ「治療しよう!」と思ったらすぐに病院へ行きましょう。ネットが発達した昨今、あれこれと比較検討するのに時間をかけるのは悪いことではありませんが、いつまでも調べているだけで受診しないのは良くありません。うつ病は徐々に悪化する心の病です。選んでいるうちに悩んでしまい「けっきょく行けなかった」なんてこともあります。病院選びにこだわりすぎることなく、早めに治療を受けることを優先しましょう。 意外と多いのが内科に行ってしまうケースです。うつ病は体へも影響が出る病気。そのため「体調が悪い」と思い込んで内科に向かってしまうことがあります。体の調子は戻るかもしれませんがうつ病は治りません。メンタルな面も考慮することが大切です。 病院に行って「なんとなく戻ったかな」と勝手に治療をやめるのもいけません。どんな病気でもそうですが、医師の指導を守ることがまず大前提です。薬や治療は専門家がしっかりスケジューリングしてくれています。たとえ回復したと思っても経過報告やお礼を言いに行くつもりで必ず顔を出すようにしましょう。下手をすれば、一時的な回復から一気に悪化することもあります。注意してください。

うつの改善には慎重さとともにスピーディーな行動が大切です。良い病院を選んで、しっかり完全に回復するまで治療を続けていきましょう。