HOME 矢印 うつ病について知ろう 矢印 人生を長期的な視点で見つめる

人生を長期的な視点で見つめる

長期的な視点 うつ病の治療では、一定期間の休養が非常に大切ですが、会社を休養するともなれば、自身のキャリアに大きなダメージを与えるのではないかと心配し、ゆっくり休養すべき所を無理して働き続けるという人も決して少なくはないようです。

「薬さえ飲めば会社を休まなくても大丈夫」と考える人は多いようですが、これは誤った考え方です。ゆっくりと休養をとれば、場合によっては薬を飲まなくても回復することもありますが、体を休めず薬だけでうつ病が治ることは、ほとんどないと言われています。

うつ病を支える金銭的な支援

社会保険では傷病手当という制度が用意されています。 会社員で社会保険に加入している場合、最大で1年6ヶ月、月額給与の3分の2が支給されます。この手当は、万が一途中で退職した場合でも継続して受給することが可能です。

また、1年6ヶ月の期間が終了してもなお症状の回復が見られず、引き続き働けない場合、障害年金の対象となる場合があります。1年6ヶ月を過ぎたらどうしよう、などと心配しすぎず、対象となる場合は主治医やソーシャルワーカーなどに相談すると良いでしょう。

また、医療費に関してもうつ病で利用可能な公的な支援が用意されています。 精神科の病気で治療を受ける場合、外来への通院、投薬、訪問看護などについて、健康保険の自己負担のお金の一部を公的に支援するという、自立支援医療という制度が用意されています。

世帯の所得に応じて医療費の上限が定められており、医療費が治療を妨げないような金額設定となっています。病院の相談窓口などで、詳しく聞いてみるとよいでしょう。

人生のターニングポイント

うつ病を克服することで、多くの人は他人の痛みに敏感になるといわれています。この経験は、人生にとって決してムダではありません。

新たな考え方、物の見方を手に入れることで、人格に深みが出て、多くの場合、人望も以前より高まるようです。

うつ病で休養した場合、短期的にはややマイナスに働くものも多いかもしれません。目先の利益だけを考えれば、今、無理をして働くことには一定のメリットはあるかもしれませんが、長期的に見ればそれは決して正しい選択とは言えないでしょう。 平均寿命は男女ともに80を超えるなど、人生は長く続きます。長期的視点で人生を見ることが大切です。

生活リズムを整えるために

うつ病の原因の一つに、生活リズムの乱れや睡眠不足が上げられます。一旦休養することで生活リズムを整え、しっかり睡眠を取り、体を健康にすることは、その後、仕事に復帰する際にも非常に重要です。

作業能率を冷静に分析すれば、休養した方がかえって会社にも、同僚にも、あなた自身にもメリットが高い場合がほとんどです。

また、適度な運動も有効です。運動そのものにもストレス解消効果がありますし、体を動かすことで睡眠や食事に良い影響を与え、生活リズムを整え、体全体を健康にする効果も期待できます。

また、男性は特にホルモンバランスの乱れからうつ病を発症する場合が多いのですが、適度な運動によって男性ホルモンの主成分であるテストステロンを増加させ、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

休養中、調子が良いときに無理のない範囲で、軽い運動をすると良いかもしれません。

人生を80年スパンで見れば、今はしっかりと人生を立て直した方が良い、というサインが出ていると考え、周囲のためにも休養するという、賢い選択をすることが大切でしょう。