HOME 矢印 うつ病でも性生活を楽しみたい! 矢印 ED治療はいついけばいい?それはもちろん、「いま」です!

ED治療はいついけばいい?それはもちろん、「いま」です!

ED治療 「ED治療はいつ始めようか」そんなことを考えている人はいませんか?人によっては「たまに勃たないだけだから」と軽く考えていることもありますが、実は先延ばしは危険です。治療を後回しにすればするほど悪化する可能性がありますから、「おかしいな」と感じたら決断をしましょう。いま、治療を始めるべきです。

今日はたまたま、と思うのは危険!

歳をとると誰でも精力は落ち着いてきます。個人差もありますが中年以降、性欲が減っていくこともあるでしょう。たまに勃起できなくても「今日はたまたまだな」と思う人も少なくありません。その瞬間はまだマシです。将来もし、「完全に勃起できなくなった」としたらどうでしょう。実際、ほとんどの人が初期のEDを軽んじています。重度な勃起障害が出てから焦り始めますが、EDは症状が悪化すればするほど克服には時間もお金(治療費)もかかってしまいます。気持ちの落ち込みも深くなってしまうでしょう。

EDは心の痛みになります

ED自体は命の危険がある病気ではありません。身体的な苦痛もなく、普通の生活は送ることが可能です。しかし「心の痛み」は相当なものといえます。「シンボルが機能しない」、男にとってこれは重大なこと。プライドはズタズタになって立ち直れないこともあるでしょう。「自分は男として役に立たない」と感じることで、仕事やプライベートにおいてもふさぎ込む原因となります。非常に大きなストレスで「うつ状態」になるきっかけにもなりかねませんが、そうした心の不安や焦りからさらに深刻なEDを生む可能性もあり得ます。

放っておくと心と体に良くありません

勃起に異常を感じたら、早期の治療がとても大切です。原因を特定し改善しなくてはいけません。たとえば生活習慣病が理由ならば、放っておくことは命とりです。血管は月日が経つにつれて悪化します。あまり長く放置していれば、ED治療薬を使っても勃起が厳しい状況になることはあり得ます。うつ病などによる心因性EDも放置は危険です。心の問題もまた年月とともに悪化しますし、うつの場合は特に、EDによるストレスがマイナス思考の悪循環を引き起こすでしょう。EDであることにも強いストレスを感じ、もはや治療すら困難なくらい打ちのめされるケースもあります。

治療を始めるなら、いま!

ED改善は勃起の回復がゴールではありません。健康や気持ちの問題を解決することが何よりも大切です。「勃起が衰えている」と思ったらすぐに病院へ行くべきです。専門医にEDの原因を診断してもらいましょう。早期の対処は必ず効果を生みます。勃起しやすい心と体を手に入れるために、いますぐ治療を始めましょう!