HOME 矢印 うつ病を吹き飛ばす生活習慣 矢印 うつうつしい職場にさようなら

うつうつしい職場にさようなら

職場 うつ病にかかってしまったら第一に重要なことは十分な休養と適切な診断治療です。軽度であれば仕事をしながら治療を行うこともありますが、可能ならば休みたいものです。劣悪な環境の職場に勤務している場合は辞めてしまうことも一考の価値ありです。

職場環境や仕事の影響で病状悪化

うつ病の発症原因は特定できなくても、この職場にいたらうつ病にもなると思われる組織や、激務でうつ病を悪化させると予測できる仕事はたくさんあります。仕事も広い意味で生活習慣なのです。もし、そんな生活習慣があるとすれば、早急に改善する必要があるでしょう。

とはいえ、職場環境や仕事の中身は雇われている労働者個人レベルでどうにかできるものでもありません。企業団体の側が動かないのであれば、最速の自衛手段は「退職」です。

生活のために辞めるわけにはいかないという事情はあるかも知れません。確かに雇用環境が厳しい昨今ですから、簡単に職を変えるという決断はできないものです。しかし、うつ病が悪化すれば、それこそ生活が困難になってしまうのです。

そういった状況で勤務を継続した結果、うつ病が悪化して外出もままならなくなり余計に酷い状態に陥ったという例もあります。

また、うつ病の状態では重要な判断をしない方が良いという側面はありますが、マイナス面の大きい環境を離れることは意味があるでしょう。一時的に仕事を休んで、症状が良くなってから判断するという手もありますね。

転職のプラスとマイナス

劣悪なストレス環境から脱出することはうつ病の改善にプラスになる筈です。しかし、新天地でやり直すにあたり、前職よりも収入が減るとか、新しい環境に慣れるまでが大変だとかのマイナス面もあります。

プラスとマイナスを天秤にかけても仕方ないのですが、そこもちゃんと理解した上で転職に臨みたいですね。

障害年金というサポートもある

国民年金や厚生年金の加入者には障害年金という制度が用意されています。加入時点や保険料の払い込み状態によって対象となる場合とならない場合がありますが、一般的な会社勤務で入社後の発症であればまず問題はないでしょう。

障害年金は一般に初診日から1年6ヶ月経過時に障害の状態であれば申請可能です。国民年金の場合、2級認定で年額772800円と子がある場合の加算額が支給されます。第1・2子が各222400円で第3子以降は各74100円です。(平成26年4月より)

たとえば、子供が2人いれば772800円と222400円×2で年額1217600円となり、月当たり10万円ちょっとの年金額となります。これがあるのとないのとでは大違いですね。

自分の人生ですから慎重に判断する必要はありますが、ときには思い切ることも大事です。落ち着いたときによく考えてみましょう。