HOME 矢印 うつ病を吹き飛ばす生活習慣 矢印 うつ病を遠ざける食生活の基本!タンパク質をしっかり食べましょう!

うつ病を遠ざける食生活の基本!タンパク質をしっかり食べましょう!

タンパク質 うつ病は誰もがかかる可能性のある病気です。長期間ストレスにさらされ続けて、気が付いたら「無気力」「自己嫌悪」などのうつ状態に陥ることは不思議なことではありません。心の病気から守るためには食生活を見直すと効果的です。セロトニンを意識して適切な食物を摂取してみましょう!

食事は健康の源です!

医食同源という言葉もあるとおり、食は健康に大切なものです。バランスの良い食事はさまざまなメリットがあります。肥満の予防・改善もできますし、美味しい食べ物でストレス発散も可能です。人とのコミュニケ―ションを深めるきっかけにもなるでしょう。実はうつ病の予防対策にも食事は大切です。

うつ病にはセロトニン摂取

必要以上に心が落ち込んでしまうのはセロトニンが不足することが原因です。幸せホルモンと呼ばれ、心の安定を図るのに大切な物質ですが、うつ病の人はセロトニンがかなり不足してしまっています。ストレスや生活習慣で減少しやすくなるのですが、特に食事が乱れていると危険です。過激なダイエットや不規則なご飯、偏った栄養バランスなどでセロトニンは不足していきます。心の健康のためにも食事には気を使うべきです。

タンパク質を意識しましょう

セロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンから生成されますが、体内では作れないので外から吸収するしかありません。タンパク質の多いものにたくさん含まれていますので、肉や魚、豆類などを積極的に食べるようにしましょう。主食に赤身肉や焼き魚をくわえ、大豆食品を副菜に。トリプトファンがたくさん摂れるうつ病対策メニューの基本です。朝の忙しい時などは牛乳や豆乳をコップ一杯飲むだけでも違います。頭や体も目覚め、1日の良いスタートが切れることでしょう。

バランスよい食生活が重要です!

とはいえ、タンパク質だけを摂取するのではなく、バランスよく栄養をとるのが基本です。セロトニン摂取を効率化するには他の栄養も摂りましょう。白米に含まれるブドウ糖は脳のエネルギーになる大切な栄養素で頭の働きを良くするのでうつ病対策には摂っておきたい栄養素といえます。ミネラル分、特にマグネシウムはセロトニン生成にも必要な成分となっています。海藻や魚などの海の幸に豊富に含まれているので意識して摂取しましょう。雑穀や玄米などにもたくさん入っていますから、白米と混ぜれば簡単に食べることもできます。マグネシウムはストレスで消費されやすい成分です。「心が疲れているな」と感じるようなら意識して摂取するようにしましょう。

食生活でうつ病の予防対策が可能です。セロトニンを効果的に作れるようにする食事を心がけましょう。