HOME 矢印 うつ治療のための豆知識 矢印 部下がうつ病!対処法は?

部下がうつ病!対処法は?

部下 近年、うつ病の患者は増加していて、誰にとっても身近な病気となってきました。中には部下から「うつ病です」と打ち明けられた経験を持つ人もいるのではないでしょうか?

部下を管理する側では、自身の健康問題だけでなく、部下の健康にも気を配る必要があります。特にうつ病は、直属の上司にとっては責任問題になることもあるなど、場合によっては自分自身のメンタルや身体の健康にも大きな影響を及ぼす重要な問題となります。

適切な対処をすることができれば、会社の信頼は増し、部下からの人望も厚くなることとなるでしょう。 自身のうつ病リスクと共に、部下のうつ病についても日頃から注意を払うことが大切といえます。

ストレスチェック義務化について

2015年12月、改正労働安全衛生法により、50人以上の従業員のいる職場でのストレスチェックが義務化されることとなりました。ストレス過剰な場合の対処など、メンタルの健康も管理することで、増加し続けるうつ病の予防や早期発見なども期待されています。

現在は、50人未満の会社ではストレスチェックは努力義務となっていますが、労働者のストレスをチェックし、組織の見直しを図ることは、うつ病を発症させないためにも非常に重要です。

部下のうつ病を回避するために

うつ病の原因として最も大きなものは、過剰なストレスです。さらに、睡眠不足が脳内環境を悪化させ、うつ病を発症しやすくなる事もわかっています。

まずは、部下の就業時間が必要以上に長くならないように気をつける事が大切です。長期にわたる過剰勤務が原因でうつ病となった場合、会社の責任は重大で、訴えを起こされれば会社は多額の賠償金を請求される事態になります。

人それぞれ得意不得意があり、同じ業務でもてきぱきこなせる人もいれば、時間がかかる人もいます。 特に、笑顔が見られなくなり口数が減ってきたと言う場合や、遅刻が急に増えてきたという場合は注意した方が良いでしょう。

部下がうつ病と診断されたら

部下からうつ病と打ち明けられた場合は、まずは医師の診断結果を聞き、すぐに休職すべきという診断を受けているのであれば、休職の手続きを進めます。

場合によっては、仕事はそのまま続けても問題ない、という指示が出ている場合もあります。その場合は、休職させることは本人のメンタルを大きく損ない、かえって病状を悪化させる事にもつながります。あくまでも、診断にそった対処を可能な限り行う事が大切です。

休職の際、本人からの申し出がない場合は、うつ病であることを同僚社員に公言すべきではありません。 また、すぐに休職といっても、引き継ぎなどの期間は働いても問題ないとされる場合が多いようです。本人に問題がなければ、仕事はきちんと引き継がせた方が良いでしょう。

休職中、会社は給料を支払う義務はありませんが、本人の経済的な負担を減らすために傷病手当の手続きを行うように促すと良いでしょう。

さらに、1人の休職がチーム全体に負担をかけ、さらなるうつ病の拡大をもたらさないよう、一時的な人員の補充に取り組むことが大切です。

うつ病は、誰の身にも起こりうることです。今後は、部下のうつ病に対処する事も増えてくるかもしれません。事前に対応策を考えておくことは、あなた自身のメンタルにとっても大切といえます。