HOME 矢印 うつ病を吹き飛ばす生活習慣 矢印 これがうつになりにくい仕事の仕方!作業を明確にして時短&ストレス軽減をしよう!

これがうつになりにくい仕事の仕方!作業を明確にして時短&ストレス軽減をしよう!

うつになりにくい仕事の仕方 現代社会はストレスを受けやすい時代です。特に仕事での精神疲労は昔と比べて格段にあがっており、ストレスを溜めすぎて心を病む人も少なくありません。うつを予防するためにも心の疲労を溜めない仕事の仕方をするべきです。ストレスを減らすコツを学んでうつ病へのリスクを軽減しましょう!

ストレスがうつ病を引き起こすスイッチになる

仕事で受けるストレスは年々増加しています。高度化する仕事の内容。顧客への気配りの大変さ。年々増えていく責任。入社前ですら就活で心をすり減らしています。仕事で受けるストレスは徐々に増加していっています。 ストレスはうつ病を発症させる要因ですが、心に負荷がかかると最初に影響するのが大脳皮質という部分。理性を司る部位で、ストレスはまずここで受け止められます。その後、心の刺激が感情を生む部分に転化されていき、不安や悩みになっていくわけです。通常範囲のストレスであれば脳も対応することは可能ですが、過剰な負荷は自律神経や脳内物質の分泌に大きく影響します。特にうつ病患者はセロトニンが不足しがちです。ストレスによって分泌が抑えられ、心の安定を保てなくなってしまいますので、感情をコントロールできなくなり、ふさぎ込んだりイライラしたりするようになるでしょう。ストレスがうつ病を発症させるスイッチとなってしまいます。

うつを防ぐための時短術

ストレスを溜めないためには「仕事の時短」が重要で、そのためにいかに仕事を効率的に行うかがカギです。まずは1日のやるべきタスクを全て紙に書きだしてしまいましょう。頭の中だけに「やるべきこと」が残っているとそのことが繰り返し気になってプレッシャーになりますから、アウトプットして少しでも脳の負担を減らしましょう。実際、仕事の効率もあがります。書きだしたものはそれぞれ「順位づけ」していきましょう。優先順位さえできてしまえば、あとは目の前の仕事をするだけです。一つのことに集中できストレスも減りますし、仕事の内容によっては「自分でやる必要のないもの」もあるでしょうから、r、あよっては人に頼むことも大切です。仕事を抱え込むことはストレスになります。責任感がプレッシャーになってしまうわけです。仕事と脳の効率化のためにもお願いできるものはお願いしてしまいましょう。最も重要なことは「マニュアルを作っておく」ということ。どんな仕事でも、慣れてくれば作業は単純化していきます。同じことの繰り返しになるはずですから、マニュアルにしておけば、「どこまで仕事が進んだか」が明確になります。安心感にもつながりますし、また人にお願いもしやすくなります。マニュアル作りは多方面で仕事を効率化し、ストレス軽減に役立つでしょう。

人にとって仕事のストレスはとても大きなものです。少しでも効率化して、作業を単純にしていきましょう。やるべきことを明確にすれば頭の負担が減ります。まずは紙に書き出し、目の前のことを一つずつこなしていってください!ストレスを減らし、うつにならない仕事をしていきましょう!